Windows 7 → Windows 10 へ
Windows7は使い慣れ、何らストレスもなく、問題なく使えていた。
振り返ってみれば2014年WindowsXPの終幕を迎え現行のWindows7に切り換え、己の手元では僅か5年の命で、
つい先頃の出来事である。こんな平和な日々のパソコン生活に敢えて、寝てる子を覚ますようなことをしなければ
いけないのかと腹も立つ。
この時も操作の切り換えに20日以上も掛かってしまい苦渋の乗り換え作業に翻弄されたことが、記憶に残っている。
当時から現在を含め、加齢とも併せ、益々、悩が固化しており、この重い乗り換えのハードルは「もう、お前さんには
無理、パソコンから離れろろ!!」と言わんばかりであった。
「しかし、そんなことでパソコンから離れたら、何が出来るのか?、外部との接触機会が少なくなり、益々孤独の世界
に陥り、もうお迎えの場所、三途の川を渡るしかないのではないか。」と自嘲気味に陥ってしまう。
しかしこれで終えたら、男がすたる、気合と根性で再び戦いの場に挑むことになってしまった。
この乗り換えを試行錯誤する間、外付けハーディスクが突然ぶっ飛び、積み上げた貴重なデータを一掃してしまった。
そもそも外付けハーディスクはバックアップの役割を担っていたが、バックアップを怠り、何時の間にか外付けハード
ディスクがメインの役割を担ってしまったことから、起こるべき結果であった。
データの復元に色々手を尽くし、専門業者2社に預けたが、ハードの重度の障害で復元不可能と、宣告され輪廻転
生が叶わなっかた。
そんな背景とも併せ、年老いたパソコン様が何時倒れるのか判らず断腸の想いで、今回デスクトップを新たに購入
した。
パソコンの購入、併せてWindows10導入は無謀な暗黒の世界の突入、予想以上に立ちはだかる難敵との戦いに
泥沼に突っ込んだ世界であった。

身近な所では「slimware DRIVERUPDATE」と呼ばれるソフトは迷惑ソフトのひとつが何時の間
にか輩宅PCに入り込み、対策ソフトのに購入を促している。ソフトを装って、盛んにエラーを表
示させたりして不安を煽り、その対策ができるのはこれだと、言われているが、実際にはエラー
を検知する機能は搭載されてない詐欺ソフトのようである。
これらのほとんどは海外決済となるため、日本の法律が適用されず、一度課金してしまうと返金
要請なども非常に困難のようである。
こんな取り巻き環境から、Windows 7のサポートが終わってしまうのでお早めにWindows 10の導
入を促している。

◇輩宅にも魔の手が

日本マイクロソフトは2020年1月14日、Windows7のサポート期間が同日終了する旨、発表している。
パソコンの使用環境で進化している身近なウイルスを水際で防御するのことは常につきまとう重い課題である。
今回 終幕を迎えるWindows 7に対して、変わる救世主はWindows 10であり防御保護や時代のニーズに対応し
継続的に支援されのがこのWindowsシリーズの時代の宿命のようでである。
特にマルウェアの感染や攻撃者の侵入経路を断つといった対策が重要である
マルウェアとは、『ウイルス』 『ワーム』 『トロイの木馬』 を含む悪質なコード総称してを言う。 特に『ガ ンブラー』
の感染ルートは、通信ツールを使用して拡散を行なっており、 これにより、企業ホームページなど、多くの被害が
拡 大している様である。
身近なところでは偽サイトの誘導など、落とし穴は経験するがEメールのハイジャック、口座情報の盗聴などなど,
魔の手が 迫っているようである
手を替え、品を替え招かざる魔の手が隙を見て、パソコンの世界に入らんと、 虎視眈々と狙い済ましている。
一括見積り
敵はおいしいかもが居ないか、身を隠し
隙を見て、虎視眈々と狙い済ましている。
◇「もう、お前さんは!パソコンから離れろろ」

◇気合と根性で再挑戦

トップヘ 次へ>>

◇Windows 7の終焉