手を替え、品を替え招かざる魔の手が
隙を見て、パソコンの世界に入らんと、
虎視眈々と狙い済ましている。
日本マイクロソフトは2014年4月9日、Windows XP/Office 2003のサポート期間が同日終了する。
サポート終了後も何らかの理由でWindows XP搭載PCを使わなければならないユーザーに対しては、セキュリティリスクを
低減する4つの対策を挙げた。
・すべてのセキュリティ更新プログラムを適用
・セキュリティ製品(ウイルス対策ソフトなど)も最新の状態に
・インターネットからの切断
・USBメモリなどの利用停止
つまり、サポート終了時点での最新セキュリティ更新プログラムを適用したうえ、サードパーティのセキュリティ対策ソフトも最
新の状態にしつつ、マルウェアの感染や攻撃者の侵入経路を断つといった対策になる。もちろん、これらの対策は万全では
なく、できるだけ早く最新OSの環境へ移行する計画を検討すべきである。
マルウェアとは、『ウイルス』 『ワーム』 『トロイの木馬』 を含む悪質なコード総称してを言う。 特に現在、主流となっている『ガ
ンブラー』の感染ルートは、通信ツールを使用して拡散を行なっており、 これにより、企業ホームページなど、多くの被害が拡
大している様である。
身近なところでは偽サイトの誘導など、落とし穴は経験するがEメールのハイジャック、口座情報の盗聴などなど、魔の手が 迫
っているようである。
終幕を迎えるWindows XPに変わる救世主はWindows 7、もしくはWindows8である。
Windows 7(2009年10月発売)については、2020年1月14日にサポートが終了する予定であり、「つまり東京でオリンピックが
開催されるときには、Windows 7のサポートが終わってしまう。Windows 8についても、その数年後にはサポートが終了する。

「とは言われても」
Windows XPは何らストレスもなく、問題なく使えていた。こんな平和なパソコン生活に敢えて、寝てる子覚ますようなことをしな
くても良いと思っていたら、Windowsを立ち上げるたびに「4月9日を持ってWindows XPのサポート終了」のバナーが勝手にパソ
コンに進入し、執念深く、叫び、脅し続ける。
この押しつけがましい、小さな親切、大きなお世話は無視を続けていたが、マスメディアにも取り上げられ、騒がれだし、一方
では足元にも、毎回出てくるメッセージに根負けし、OSの乗り換えの意を決することにした。
トップヘ 次へ>>
WindowsXPからセブン(7)へ
慣れ親しんだWindowsXPのロゴも見納め。