一斉に花開く時期に、頬をなでる風も爽やかで、自然との触れ合いが迎えられる最高の季節である。
近代文明のインターネットや趣味のアマチュア無線で連絡取り合い、市内在住者が声掛け合い、多少の距離
もあるが、花見、移動無線、宴会をかねて、皆が歩いて辿り付ける平山城址へ、集まることになった。
宴会とは言え何を持って行くか、決めていない。酔っぱらても、この長い道のりを帰ってこなければならないリス
クを伴うので、己の酒量に併せ、一先ず己の満足出来る範囲で持ち寄る。
日野市内を流れる浅川の北岸を上流側へ、エッチラ、コッチラ、遥か彼方に続く丘陵地帯がこれから目指す平山
城址である。普段は何も持たないストレッチ走行であるが、缶ビール、鬼殺し、つまみ、おにぎりと、目一杯買い
込み、ザックに詰めたので、重さで背後から鬼に引かれるようで、目指す平山が、更に遠く感じる。
途中から急峻な坂登りはどう見ても、車での移動ではあるが、山の上で、花見宴会であり、此処は飲むため
に敢えて、山岳行者のように艱難苦行の道を選び、頂点に目指す。
浅川を沿いから、平山橋を渡り浅川の南岸の北野街道に出る。平坦な道は此処まで、此処からいよいよ坂道を登ら
ねばならない。ら平山へ登るルートは多数あるが、敢えて急階段を選んでみる。遥か下に見える通りは北野街道で
ある。階段の節目に踊り場があり、休むことが出来るが、上に行くに付け、もう息が切れ、ゼイゼイと己の荒い息づか
いが、エンジンフル稼働でもう限界の悲鳴が耳からも伝わる。叱咤激励し、ムチを入れながらの階段歩行も、足元も
怪しく、思わずに手すりにすがるが、転がればもう、奈落の世界である。
□目指せ平山城址
多摩テック
この辺の小高い丘陵の一角が目指す平山城址
◇急坂登覇
トップヘ 次へ>>
ファンデーション