2008ー8ー2に真夏の祭典「ヨコスカサマーフエスタ'08」があり、そのフエスタに合わせて バスツアーがあり、多摩地区の
我が家から乗り換えなしに現地に行けると言ううたい文句に吊られてで申し込んだ。所が、パンフレットは詳細が明らかに
されず、電車に乗り換え現地に入るというと案内があったのがツアーの前日であった。会場の横須賀駅には車両規制がか
かり、駐車出来ず、横須賀線の2つ先の「久里浜」駅迄行き、そこから電車に乗り換え横須賀駅に戻って来ると言う、ことで
あった。フェスタの人気の高さから各地から殺到する車両に、狭い横須賀駅前では裁ききれず、わざわざ遠くへ分散させる、
苦肉の策であったようで、当日にJRの乗車キップを渡され、"電車乗り換えツアー"など何とも恨めしいツアーであった。
横須賀駅前は直ぐ会場で入口では厳しい持ち物検査を受け、最初に基地内のゲートを入ると入口付近に平成7年既に現役
を退いた護衛艦「あまつかぜ」の右舷スクリュウがでんと構え飾られてあり、海上自衛隊の基地にようこその出迎えを受ける。
◇米軍基地へ向かう
色々なイベントが予定されるなか、特別な理由も無かったが、異国文化に憧れ、当日、一部公開される米軍基地行きを
選ぶ。自衛隊基地とは隣接する場所ではあるが、シャトルボートとシャトルバスがピストン輸送しているがシャトルボート
は先約で一杯で乗れず、バスで向かった。米軍への入場は更に厳しく、身分証明の掲示が必要で、事前にネットで調べ
たので自動車免許証を提示した。「へえ〜そんなの聞いてない」とオバサン軍団が恨み声を吐いていたが、厳然としたチ
エックに、 乗車が認められず、目の前のシャトルバスを前に諦めて、群れから離れていった。
基地間を結ぶ僅かな距離であるが、バスへ乗れたと言う事実が特別な感覚で異国の世界に入って行った。
トップヘ 次へ>>
google