□聖橋(ひじりばし)
お茶の水駅に神田川を沿うようにJR中央線、総武線、そして地上を顔を出し、神田川を跨ぐのは営団丸の内線と鉄道が
網の目のように走っている。
神田川の架橋であるが、北側に孔子を祀る湯島台があり、南側にロシア聖教のニコライ堂があり、其処を結んでいるから
聖橋と洒落た名前が周囲の佇まいを物語っている。
聖橋は関東震災後、昭和3年にかけられた橋で、湯島台と駿河台を結んでいる。この堀削は江戸初期の工事である。
施工は徳川家康命で仙台の伊達政宗がが受け持ち、着工は大阪夏の陣(元和元年(1615))の後で、恐らく途中で休む
など断続的に行われたようで、約40年経過し、万治2年(1659)に完工する難工事であったようである。
深く削られた崖には草木が生い茂り、人工の谷に清流が流れ、後に建てられた湯島の聖堂や屋根付きの木製の木橋が
架けられ、当時は素晴らしい人工渓谷であったようである。江戸の名所の一つに、数えられ多くの絵師によって描かれた。
漢学者は崖下を流れる神田川の人工渓谷を賞し「茗渓(めいけい)」などとさえ言われた。現在はJR御茶ノ水の駅前、聖橋
(ひじりばし)口からお茶の水橋に至る、線路と平行に走るゴチャゴチャした商店街に「茗渓通り」と言う名前だけが当時の面
影を残されている。
◇茗渓(めいけい)通り
かっては茗渓と言われた神田川も都市化の渦に巨大な下水路となり、水面は汚濁され悪臭を伴う、汚れた河川の代表の一
つとも思われた。時代と共に国民生活に欠かせない道路や下水施設などインフラが整備され、神田川も徐々に浄化され、ご覧
の通り、川下の秋葉原側から水すましのように、ボートが水煙を上げてやってきた。
外堀通りを行き交う車、神田川を挟んでオレンジ色の総武線、先方に見える神田川を渡る緑色の橋は総武線の橋で、丸の内線
の赤帯の鮮やかな車両が正に手前の橋を渡ろうとしている。その橋の下をボートが徐々に近づき、潜り抜け、現代の都市空間を
水陸交通の世界が丸でパノラマのように楽しませてくれた。
◇神田川の情景
<神田川、スライド写真4枚>
トップへ 次へ>>
◇巨大壁画
聖橋を渡り向かって左側に東京医科歯科大学があり、上を向くと巨大な壁画がある。中央はヴァチカン宮殿の「署名の間」で
対話による教育の原点を表している。左はヒボクラテス像とあるべき医師の心得とされる「ヒボクラテスの誓い」。右は世界最初
の全身麻酔による公開実験を描いたものである。平成1年に医科歯科大の研究科が誕生し「教育」「研究」「診療」を世界的な
拠点として歩み始めたことを記念して掲げたと言われている。
この歴史的な遺産を壁画に掲げ、医学を志す誓いを表している。壮大な壁画に心奪われ、目の前の物に激突しないように・・・。
□湯島〜本郷界隈の旅
お茶の水駅から北側、聖橋を渡って東京医科歯科大、聖堂を廻って神田明神へ、更にお茶の水駅から真っ直ぐ清水坂を
通って湯島天神へ向かい下町の文化に触れ合う。湯島天神の高台から下って池之端の今回のメイン場所旧岩崎邸でた
っぷり時間を取り、明治〜戦後の三菱財閥の佇まい確かめる。東大構内を中心に無縁坂、暗闇坂の文学、歴史を触れ合
いながら不忍池に目指す。結構タフなコースでもあるが、一級品の旧蹟を含め楽しめるコースである。
司馬遼太郎の「街道を行く」で部分的ではあるが、重なる場所もあり、かなり詳しく案内してくれるので、一度は行きたい場
所であった。
ファンデーション