□幻の雄別鉄道跡 阿寒駅から
'06年9月、4度目の北海道の旅、道東を廻ったが、最後の1日、午後の釧路発、フライトに合わせ何処に行こうか
とプランを練ったが、飛行場に近い事もあったが、鉄道フアンでもない同行者の意も確認しないまま、当方の我が
儘で、阿寒町炭砿と鉄道館「雄鶴駅」を選んでしまった。
北海道ドライビングマップの大きな地図に阿寒丹頂の里に隅にチョコット載ってあるが、極一部の物好きの極めて
お宅っぽいコアーな場所のようで、丹頂の里は直ぐ判ったが、鉄道館は案内の看板もなく、果たして此処に有るのか
疑いももつように場所捜しに骨折った。
阿寒国際ツルセンターで場所を聞くと、国道240号を挟んで反対側にあり、土日のみ開館と聞き、当日土曜日だった
だけに「0h〜ラッキイ」と喜び、勇んだが、それでも広い自然休養村の一角にあり、その場所を探すのに骨折れた。
しかし、無情にもその館はシャッターが降りており、中は見られずじまいで、館の前でしばし呆然とした。
でも、館の背後に駅舎と車両が*静態(じょうたい)保存され、その腐散る姿の前に感動した。
◇「お〜〜い何処にあるんだ」ようやくその場所を見つけたが
◇雄別鉄道
雄別鉄道は、雄別炭礦の子会社で鉄道路線などを運営していた三菱グループの炭鉱鉄道会社であったが、1970年廃業した。
かっては埋蔵される石炭の供給地として戦前からの貴重な資源エネルギーの一つとして国内の産業を支え、
黒いダイヤとして光を浴びた。
しかしその資源は底を付き、枯渇した時点でその役割は終わり、廃坑と共に貯炭地区から乗客と物資輸送の
役割を担った鉄路も廃線の運命となり、幕を引いた。
その路線は釧路駅から、海岸線を走る、根室本線より、山側に位置し、途中で阿寒湖に通じるマリモ街道(国道140号)
に併設されるように走り、阿寒駅を経由して、採炭場である、雄別炭山まで結ばれ総延長約44キロ、単線運転である。
大正12年(1923)1月創業と言われるので、約50年足らずで、命脈尽きた、生涯であった。
路線跡は現行の地図と過去の路線図を重ね合わせ、ラフスケッチして作ったが、多少の怪しげな部分もあるがご容赦
頂きたい。
トップヘ 次へ>>
*静態保存とは機械類が、本来の用途としての動作・運用が可能でない状態で保存されていること
google