□旭山動物園
2007 道央の旅 、第2日目
北の果ての動物園が集客力を呼び起こしているようである。
今人気の原点は果たして、何であろうか?
動物園と聞くと、可愛らしいペット系から居丈高な猛獣まで、初
めて見るその生き物に子供達は興味を覚え感動を与えた。
その姿が見えれば満足し、見る側の主役はあくまでも子供た
ちであった。
一方、大人は子供の保護者であり、同伴者で子供達の満足
を支援するわき役だけであった。
しかし刺激の多い昨今、子供が成長すると,見る相手もけだる
そうで、動きのない動物の姿に、興味はうすれ、他に興味が
移り、動物園から徐々に離れてしまい、入園者も頭打ちに
なってなってしまった。

一方、動物園が色々演出を凝らした工夫が生まれ、入園者
が動物を見る視点を増やし、子供はもとより大人も楽しめる動
物園に変わってきた。
その代表の一つがが日本最北端の動物園である。
南方系を主体に生息する動物が多い背景の中で、 北の果てと
言いながら、園内は賑わいを見せ、関西弁も飛びかう、全国版
になった。

道央の旅は今話題の旭山動物園へ、大人4人で童心に返り、
その姿を見に行った。
トップヘ 次へ>>
◇騙されるな私営駐車場
旭川市内に入って、道標に従って動物園の花道に迎えられ入口ゲート付近に入って来る。
雨にも関わらず道の両側に大きな旗を、まるでレーシングカーのフラグのように一生懸命振り回し、私営
の駐車場に誘導する案内のお兄さん達が次々と立っている。
始めて来ると、其処が専用の駐車場と思わんばかりの誘導振りに、つり込まれて入りたくなりそうな、巧み
な旗降りであるが、心鬼にして奥へ進む。
平日でしかも降雨の天候の中で、入場者が少なかったせいか、彼らの旗降りに騙されず、奥に入ると市
営の無料駐車場が空きスペースが一杯あった。
有料は1000円以上とも思えたが、入口にも近く、無料の駐車場を使えたのが、何よりも得した感じがした。
株取引