秋色を確かめに「紅葉と銀杏を追っかけ」
春夏秋冬、変化に富む日本の四季
気づいた時にはあっと言う間に駆け抜ける束の間"秋"である。
木枯らし吹く、冬に入る前に追っかけて見よう。
さて秋は何が良いのだろう?
やはり、木々の緑が色付き、落ち葉となる前の"紅葉"や"銀杏"に代表されよう
開花は暖かい平地から始まり、山に登るが、落葉はその逆に寒い山から、下界に降りてくる。
今年(02年)は暑かった夏から、急に冷え込み、その色模様は例年になく鮮やかで
あったと伝えられるが、その紅葉の見頃も約2週間の命と言われている。
紅葉と言えばその名を全国にとどめる、日光や京都など有名所があるが、足下にも、それなりの
紅葉があるはずだ、我が家から南に車で20分の多摩センターへ、更に家の近くの多摩平に
カメラ下げて紅色と黄色を追っかけて見た。
多摩センター側案内コース(紅葉の散策)
多摩センター駅から正面の中央公園
へ行き、旧富沢家周辺を廻る。
更に南側の高台の住宅地を通り、
一本杉公園へ向かう。

大きな道を越えると進行方向左手に
一本杉球場を通り過ぎて、間もなく
一本杉公園に到着する。
帰路は下を通り、道筋に植えられた
楓(かえで)並木を身ながら、多摩センター
駅方面へ向かう。
1.多摩中央公園
京王線、小田急線の拠点駅として街ぐるみ
開発された多摩センター駅前は橋で結ばれ、
1階は車、2階は人の通路で隔離された機能
的な街である。
一番奥がご覧のような階段と大きな柱の造形品で
足下はしゃれた赤レンガ色の回廊で結ばれる。
この階段の上が多摩中央公園である。
駅前は大きな建物の商店や高層のオフイスビル
が立ち並ぶ、近代的な建物と緑濃い自然が一体
となった街である。
この多摩センター駅を中心に高層のマンションが
立てられ、都心と結ぶ一大居住地として発展した。
トップへ 次へ>>
ホームページ