項目 コンテンツ
■ライフワーク
黄斑、突如の眼の災禍  網膜の黄斑の劣化から画像の歪み。快適な環境でしばし娑婆とは別れの入院。レンズの交換、眼球奥部に及ぶ1.5時間
の手術。眼球内部にガス封入による、3次元の世界。術後のうつ突っ伏せの苦行。地獄の手術克服も、目ざましい改善なし
消え去る隣接家屋 隣接の多趣味な御夫婦。エレクトーンからポップスの音も靡いた。庭先には自慢の花が咲き乱れた。ご主人が亡くなり、
奥様も後を追った。涙を呼ぶ奥様からの天国からメッセージ。後継ぎも無く、建屋は解体され、思い出が総て消された。
 
錆び付く水道管の世界  我が家の水道管から、水漏れが突然発生。真っ暗闇の床下探検。堆積された錆で閉塞された水道管。
恐ろしき赤水の生活用水。亜鉛めっき鋼管から塩化ビニル管へ再生の世界。輝く滴の清水の誕生
 
樹木パワーに翻弄される  庭先の舗装路に生まれた大きな亀裂。立川断層に繋がる不気味な地殻変動か。謎に取りつかれ懸命な
穴堀に巨大な幹に遭遇。コンクリートをも破断する紅葉の幹のエネルギーに驚愕
M果樹園 たっぷりと甘味一杯のぶどうが誕生する迄の姿を追ってみた、素人果実栽培記録。
『M果樹園』Part-2 ブドウ作りにかけた素人果樹園が突如、テッポウ虫に襲撃。その虫と荒らされた実態。
かびから生れた黒とう病の実態。それぞれの防虫・防菌対策。災禍から復活への期待
植木屋さん 植木屋の家訓。思わぬ珍客の巣を落とし。狭い拙宅庭先の植木屋物語
陶芸作りに挑戦 藤野芸術の家で工房体験。粘土を叩き潰し、小鉢の成形。サンドブラストで淡い素地に鮮やかな模様の
グラス完成。ビールを注ぎ黄金色に輝く。二カ月後の焼き上がりの小鉢と対面、彩り豊かに食卓を飾る
メタボリック症候群と向き合って 何十年と使いこなしたポンコツ車、綻び掛けた体と向き合って、今何をやれば良いのだろう
数万年前の空気を飲む 南極からの届け物。溶解させると弾ける気泡に何万年前の世界から躍り出る姿に感動。
かりんちゃんロールケーキ作りに挑戦 小学校に入ったばかりのかりんちゃんがママ達のサポーターの支援で「ロールケーキ」作りに挑戦、
色合いも鮮やかに美味しそうなケーキが出来ました。
厳戒の横浜で「七五三」 浜で生まれ育った浜っ子の七五三を伊勢山皇大神宮で迎えた。折しも横浜はAPECで厳戒体制
折角の晴れの日、車両規制、警官の監視の中で、何とか式が上げられた。記念すべき1日
水道屋激闘記 家庭生活の根幹をなす水道の操作の不具合に、素人水道屋が手を染め深みにはまった。
プロの支援を仰いだが、解決をみないまま法外な費用請求に切れた。その反目をバネに再び自力更生で蘇った
■野次馬心で見てみよう
六地蔵を演出する閻魔様 閻魔様は死者の生前の罪を裁く神、地蔵菩薩の化身。亡者の生前の行為は記録され嘘はばれる。嘘つくと舌を抜く。
閻魔様が居る太宗寺。歴代内藤家の墓。亡者の着物をはぎ取る「奪衣婆」。生死の世界で救うのが六地蔵
空襲の傷跡を追って 昭和の歴史の中で忘れることの出来ない、多摩地域戦争の傷跡。日立航空機変電所跡、我が国
最大の列車襲撃「湯の花トンネル」、被弾した京王線鉄柱、大和田橋など戦跡を辿って
陸軍少年通信兵学校 陸軍少年通信兵学校の場所は。第一次世界大戦を背景に少年通信兵の需要が高まる。厳しい競争に
スパーエリート誕生。通信修技と暗号操作の訓練。戦地に待ち受ける悲劇。第一線での無線操作
陸軍重砲兵学校 大津に残す要塞地帯標。東京湾の要塞守備する砲兵養成で誕生した重砲兵学校。今も残す火薬庫・弾丸庫。
鬱蒼としたジャングルに稜威神社。聖地の重砲兵発祥地碑に辿り着く。3万の生徒が戦地に
東京湾要塞地帯
観音崎へ
駆逐艦「村雨」慰霊碑。陸海軍の演習が行われたたたら浜。旅順陥落の立役者28糎榴弾砲。
半世紀以上立入制限した東京湾防衛の要塞基地。今に残す砲台跡など戦争遺構。海に浮かぶ怪しげな物
変わり行く多摩平の姿 40年の歴史を持った団地が、ダイナミックに新しく変わっていく姿と当地縁の宣教師の心打つ話
日野バイパスと遺跡発見 市内の交通要路を大きく変える日野バイパス工事と古墳時代の横穴壕と遺体の大発見。
日野バイパス建設の姿 今尚盛んに工事が進められる日野バイパス工事の姿。航空写真からも捉えられていた。
日野バイパス完工直前 工事進行に伴う工事前、後の姿を対比させ、ダイナミックに変わる姿と完工前の工事の生の姿 など捉えた。
日野バイパス完成の姿 遂に姿を表したバイパス路。土地の掘り起こしから完成迄の3年間の変化の記録をピックアップした。
消防の歴史、江戸から現代  江戸の三大大火。江戸の華町火消しによる破壊消火。明治13年、消防庁の元誕生。蒸気動力によるポンプの導入。
大正時代に消防車の導入。梯子自動車により高層ビル消火。航空機による空からの消防・救援活動が広がる
近隣で大火災 近隣で大火災が発生。最前線に駆けつけ、身を挺しての消防活動は原発を思い起こす。目の前で起きた緊迫した
火災に3所帯、135㎡が炎上した。火元の家族がが火傷で重傷。火事の恐ろしさを体感した。
近隣で大火災Part2 東北・関東の余震が続く中1週間をおいて再び起きた同地域の火事。周辺を震撼させる恐ろしい「魔の金曜日。
住宅地に隣接する豆腐屋はじめ6軒が全焼。廃墟のような姿に変貌する。
■ 我が街と周辺
黒川清流公園 多摩平の丘陵から浸透した湧水が流れ、年を通じて変わらない湧水の温度。異常な暑さの中、冷気を呼び
自然の恵みをたっぷり楽しむことが出来る。子供達が賑わいを見せる人気スポット
「けやき」の伐採 近くのJR専用軌道内のけやきの落葉の始末が大変。JRに伐採の申し入れに応諾した。伐採に数台の車両と10数人のキャラバ
ン隊が襲来。列車往復する中で統制されたチームプレーが目の前で実施。クレーン車両やチエンソーで巨木を瞬く間に伐採した。
王貞治 記念球場 隣接する八王子市の王貞治記念球場、2006年の高校野球の感動のドラマと重ね併せて
花めぐり 変化に富む日本の四季で一番晴れやかな時眩しいばかりの花が開く「桜・桃・木蓮・かたくり」等追ってみる
好天・大雪、厳冬期の周辺の散策路 好天と大雪で変化する厳冬期の代表的な散策路と取り囲まれる山々の眺望
2週連続の大雪 関東地方を襲った2週連続の大雪。一夜明けた銀世界に驚く。異常降雪から生れた様々な出来事。家の前の
路地は遮断。屋根からの落雪が車に直撃する悲劇。BS迄が映らず。ブドウ棚崩壊。幻想的な世界が生れた。
高幡不動のアジサイ 高幡山の一面に咲き乱れる数十種類の見事な『アジサイ』を追って新たな感動もあった
秋色を確かめに 紅葉と銀杏を追っかけ秋を確かめに行きました。
私の住む街日野市
のどかな自然に包まれた東京の多摩地区の住宅地。足元に新たな発見も見つけた
■ 海釣り
相模湾沖釣04年秋 久しぶりの海釣にたっぷりエキサイテイング狙い目は外したが、やっぱり海釣は楽しい
海釣の魅力に誘われ 葉山港へ 仲間と釣り舟に・・・。果たしてその結果は?。
相模湾沖釣り、パート2 茅ヶ崎港へ大漁に心弾むバンザ~イ
1999年海釣り総括 相模湾上にかけめっぐった成果を総括 ・「カッタクリ漁」 とは
■ 登山
奥多摩 登山 近所の山好きに誘われ三頭山、 大岳山を登破直ぐ近くに是れ程の山が
■祭り、イベント
関東太鼓合戦 関東太鼓合戦の15集団の壮烈な太鼓合戦。古き伝統文化は此処八王子で守られている。
八王子祭り 毎年夏に「伝統の山車・神輿が出る」「太鼓が鳴る」「人が踊る」
音の歴史博物館 潤沢な資金を背景に集められたオルゴールと自動演奏装置の希少な歴史遺産
ちょんまげに帯刀の時代に作られた140年前の装置と生の音に感動する
第50回自衛隊音楽祭
2014年
米軍海兵隊の乗りの良いhappy。儀仗兵の変形自在な演技は圧巻。フィリピン海兵隊の洗練されたトランペット演奏。
三次元の飛行物体。館内に響く大太鼓州集団。歌姫三宅由佳莉の歌唱に心酔。内外含め同の巨大な演奏集団に感動
自衛隊音楽祭り
2003年
武道館に繰り広げられる豪華なマーチングバンドに酔って
横浜開港イベントと周辺
Y150
火事で生れた日本大通り。近世ルネッサンス洋式の建築、横浜開港記念会館。氷川丸の最深部を探る。
横浜港の原点は象の鼻。巨大蜘蛛から毒液。近未来の車
ヨコスカサマーフエスタ'08 テポドンミサイルに対応する米イージス艦、護衛艦はつゆきの戦闘指揮を行うCIC、高性能のバルカン砲、
ひえい、いなづま、さざなみ護衛艦3隻の揃い踏み、対潜水艦用へり、砕氷船と潜水艦
ダイナミック水上ショー
箱根駅伝(第87回) 山越え谷越え国道1号線、権田坂下に向かう。選手待つ間、甘酒、汁粉サービスを甘受。足音、息づかい感じる
距離でダイナミックな選手たちの姿を追う。一本のたすきにかけて箱根制覇の夢をかける伝統文化
箱根駅伝(第88回) 今年も権田坂へ来てしまった。甘酒・汁粉サービスに甘受。空中に舞うが如く、目の前を走り抜ける。
崩れかかりながらのタスキ渡し、傾き揺れながらの激走など復路のドラマ。
横浜山越えのニュウヒーロー
2007横田友好祭 60周年記念の横田友好祭の基地。大型輸送機の内部。大空に揺らぐ落下傘降下姿を追う
横田基地フェイステイバル ベールに包まれた基地の中での唯一公開される祭り。特設ホールで本場ゴスペルの素晴らしい歌声に酔う。
工作船の総て 九州南西海域で起きた衝撃的な戦闘と撃沈された工作船。海底から引き上げられが工作船と数々の遺留品
から、ベールを脱いだ生々しい姿。
これが四囲を海に囲まれた日本の現実の姿
戦車体験搭乗記 富士山の裾野の原野で激走する74式戦車。激しい振動と轟音に身を預け感激の実車走行体験。
配備された駐屯地での貴重な搭乗記録。
富士総合火力演習
2002年版
ダイナミックなシーンに魅せられて今年も気合を入れて見ました。
富士総合火力演習
2001年版
富士山の裾野で繰り広げる自衛隊の実弾演習見学
夏の風物詩"花火" 目の前に繰り広げられる宇宙空間の一大ショーを楽しみました
■海外紀行
ダイナミックな街seoulへ
第1日目
seoulを象徴する南大門。東郷元帥も絶賛した英雄、李舜臣将軍。歴史の狭間に残った旧seoul駅。高速道の
高架橋を撤去し、漢江を還流させるダイナミック工事で蘇り、風の道を作った清溪川。
緊張の板門店
第2日目
板門店初め臨津(イムジン)江周辺の地域に北朝鮮に向き合う、第一線に立つ事が出来た。ピリピリした緊張感
の中、塀越しから見る近くて遠い国の霧に包まれた世界を体感する。
世界文化遺産を尋ねて
第3日目
水原でのグルリと取りまいた要塞化された城壁の「華城」の美しさ。seouの深い森の緑に包まれた王宮「昌徳宮」
歴代の御霊を祀った「宗廟」。歴史遺産背景にしたチャングムなど歴史ドラマの世界を体感する。
韓国最大の古宮へ
第4日目
seoulの中心地で格調高く繊細で色彩豊かな王室文化の宮殿「景福宮」。「坂の上の雲」の舞台となる
日清戦争は「景福宮」で始まる。日韓の歴史の狭間で悲劇を生んだ、「明成皇后遭難の地」
韓国chejuの旅
第1日目
昨今の韓流ブームに、染まった家族の熱い要望もあり、仕事を離れ何十年ぶりかの韓国chejuへ飛び立つ。
不思議なお化け道路、司馬遼太郎紹介のchejuの原点「眈羅王国」の開国の聖地など北部での展開
韓国chejuの旅
第2日目
世界的な遺産chejuの火山遺跡を、噴火口、海岸線から地下の溶岩道からを追って韓流ドラマ「チャングミの
誓い」
や「オールイン」のロケ地を尋ね、東部中心の展開。土葬、海女など独特の風習・遺産
韓国chejuの旅
第3日目
自然の滝と世界的にも大変珍しい大浦海岸の柱状節理。天然の地形を利用した山房窟寺と東洋最大の薬泉寺
宮殿のような豪華なロッテホテルに、韓流のドラマの影を追い異国の地で司馬遼フアンとの出会い。
■回想記活動記
プロジェクトZ
プラント建設に身を沈める
計装エンジニアとして育てられ、荒々しい中国地方のプラント建設の現場に送り出される。未知への場所への
不安と気負い、第一線で遭遇する現場は想像以上の別世界であった。
東電川崎火力現場でのお別れ 火力の世代交代に先代の最後の現場の姿をこの目でしっかりと見届けた
東電川崎火力の幕引き 青春時代の汗と涙の建設作業、その役割を終えこの秋に幕引きする。そのセレモニが行われる
地上から消える東電川崎火力 正に地上から消え行くk5,k6の姿を、この人達にも、これで終わったことを伝えておきたい。
誉れ高いドイツ人、東電VSシーメンス消え去る戦友達、杯を手に「世に棲む日々」
K5・K6この指止まれ
(東電・川崎火力古参兵の集まり)
東電CMソングに懐かしい川崎火力を思い出し、悠々閑々の日々を送る中、突然舞い込んだ怪しきメール。
横浜中華街で、エネルギッシュな年寄り集団の口角泡を飛ばす、熱き戦いに巻き込まれる。
我が師「小松」さんを忍ぶ 師と仰ぐ、小松隆夫さんが2011年急逝。火力の現場からエンジニアリングでおやじの元で鍛えられる。
アナログからデジタルへ仕事も変わる。おやじの気配りに意気を感じ。豪放な生きざまを貫き通し遂に他界。
はるか遠き韓国生活 赴任先は北のパルチザンが潜んだ山中の寒村。ドラマを生んだ宿舎。泥と悪臭漂う商店街。鉄道・バス
・命懸けのジープの輸送の世界。朴大統領を迎えた竣工式。防空演習にも巻き込まれた戦時下
韓国プラント建設回想記
第一巻
夢と期待を背負い初めての海外プラント建設に繰り広げられる物語。不安げな両親に見送られての旅立ち
襲撃覚悟の無法地帯の中で建設業務。厳しい警戒の中、朴大統領を迎え竣工式。
韓国プラント建設回想記
第二巻
極寒をも体験しながら、国民感情むき出しの現場での、厳しい自然と歴史の狭間の闘い
韓国プラント建設回想記
第三巻
一瞬の言葉の行き違いが波紋を呼び、急遽帰国。竣工の喜びに国を越えて肩を抱き会う宴席
幾多のドラマを作った立石里の惜別リッチなウオーカーヒルで晩餐ソウルの都会に半年の夢から覚める
「かわら版」
人間、一皮剥けば、物欲の固まり。やりたい、見たいは欲のあるうち。
毎日起こる様々な出来事を含め、取り込めば其処にはきっと何かが
あるのでは・・・。
「普段の暮らしの中の目に写るもの」を手始めに、趣味で追っかけた「山登
による自然との出会い」、あの手応えの感触に忘れられない「海釣」、人、物
の動員力を背景とした「自衛隊イベント」等々それぞれに感動がありました。
枠をはめずアンテナを広げ自然に生きることが正に大雑把な人間には一番
性に合っているのが結論のようでした。
気の向くまま、足の向くまま、素材にこだわらず、野次馬根性で捕らえ
て見ました。

一方では、多感で向こう見ずの青春時代に、会社組織の枠にはめられず、
厳しさの中にも外界で夢中に仕事に打ち込むことが出来ました。
良い意味でも、悪い意味でも、組織にはまらない自由人としての素地は
こんな環境から根付いてしまいました。
その中でも韓国で暮らした生活が生生しく記憶に残っており、此処に取り上
げて見ました。
現世では想像付かない"ハングル(韓国)ドリーム"は私にとって無形な宝ものです。

スニーカー