『はい!!、一、二、三、斉唱』♪♪・・・・♪
『もしも、人々が〜おもいやりを無くしたら〜 地球は一秒で、消えてしまうね〜
だって〜僕達は思いやりに包まれて〜生れてきた〜 育てられた〜
道や空気が地球のように誰もが一人で生きては行けな〜い
倒れそうな人にはそっと手を差し伸べて、思いやりは心を温めるプレゼント
「有り難う」って言われたら、何故か嬉しくなったよ,思いやりは世界の幸せに直ぐなろう。

もしも、 友達が哀しい思いしてたら〜知らない、ふりなんてしたりしないで〜
だって僕達は希望を握りしめて〜生れてきた〜虫も仲間。
国や山々、森や動物も、僕達の思いやりで未来が変わってゆく〜
自分かってはやめて皆、笑顔にしたい。思いやりは心を温めくれるプレゼント
何時かしそうなけれど、ちゃんと心にあるよ。思いやりは世界を幸せに直ぐなろう』
何故東電のCMソングが?とお思いだろうけど、このCMで登場する「川崎火力」が我々の原点なのである。
児童合唱のハーモニーされた、爽やかな東電CMソングがラジオやTVで流され、心地良く耳にする。CMを離れ、生音の
フルコーラスを聞くと、歌としても、広い層に受け入れられる爽やかな、影のヒット作品とも思えてくる。
愛知県の児童と藤田恵美さんが、思いやりとはを考えながら作られた「OMOIYARIのうた」である。そのCMソングを背景に
紹介されるのは世界最高水準の熱効率を達成し、CO2の大幅な削減を実現する『東電川崎火力』と如何にも難しいテーマ
の中で登場する。
この光を浴びる『東電川崎火力』の前身が我々が手がけたK5,K6(川崎5号機、同6号機)なのである。K5,K6は古(いにしえ)の
火力発電所として時代の流れの中に役割を終え、新しい発電設備に蘇っていった。
「OMOIYARIのうた」を背景に、登場する「川崎火力」は過去に携わった一人として、その歌が特別な意味を持ち、思わず口ず
さみたくなる素敵な歌なのである。
何時まで過去を引きずり、魂を静めるような「鎮魂歌」と言うより、歌を通じて、未来に繋げると言うことであろうか、何時までも
続けて欲しいCMソングなのである。。
K5・K6この指止まれ
(東電・川崎火力の古参兵の集まり)
はいはい、これが良く耳にする、お馴染みの東電CMソングである。
歌詞に出てくる、地球を大切にするテーマに
相応しい素材は?
ガサゴソ探しまくった結果がこの風車の写真であった。
北海道の富良野から「北の国」のロケ地となった麓郷へ

やぐらで組まれたタワーの上に据えられた風車が空高据えられ、
シンボル的な存在になっている。
自然なエネルギーを利用し、自力で掘った井戸から水をくみ上げ
るる動力に使われた。風力を利用し、地球温暖化の先駆けを既に
取り組んでいたのである
◇東電CMソングに登場する「川崎火力」
トップへ 次へ>>
ファンデーション