第3日目 板門店
◇安心して任せられる予約システム
ファンデーション
トップへ 次へ>>
現地観光業者から送られてきた予約確認書
これさえ手に入れば手続き完了し、一先ず安心する。
当日は8時までにこの予約確認書とパスポートを持参し、ロッテホテル本館ロビー1Fのピアノ前で現地係員にピックアップ
してもらうことが出来た。
一言に板門店行きと言っても、どんなメニュがあって果たしてどう手続きすべきか、全く判らない状態でネットで検索し
調べて見た。
幾つかヒットした板門店ツアーのうちの一つseoulnaviから、「DMZ(板門店+第3トンネル)同時ツアー」[中央高速]が1日
たっぷりと回れそうで、まあこれが一番と早速申し込んで見た。
ネットを通じて、seoulnaviから同コースの「空席状況の確認」「予約受け付け」「身分証の確認」「入金」「予約確認」の
節目単位の手続き処理がネットで案内され、その案内指示に従って、ステップをクリアーしていけば、入金まで済ませ
安心して任せられる、仕組みが準備されている。
最終的には国内の銀行の端末から2人で25,000円を支払い、先方から入金確認とも合わせ、領収書と予約確認書が送
られ、それを現地に持参することで、手続きは終了する。
一見、複雑と思える手続きも、各ステップ単位でタイムリーに返事が返ってくるので、安心して任せられ、「何時」「どこで」
「どのように待ち合わせ」がきめ細かくフォローされている。
因みに、今回4日間ツアーの全体予約は国内の某京○観光を通じて、近ツリのツアーを申し込んだが、人手便りで、電話
も中々繋がらない中、コンファームが中々取れず、イライラしっぱなしの顧客対応であっただけに、余計に彼我の差を感じた。   
DMZ(DeMilitarized Zone 非武装地帯)は1953年7月27日韓国戦争が休戦協定の締結のもとに作られた区域で見えない
無形の軍事分界線が出来てから既に約半世紀も経過している。
この軍事分界線から南北2qづつ4qの幅の帯が東西241qに及ぶDMZとして、人跡が途絶えた空間として存在する。
半世紀も人跡が途絶えたことは動植物が自然のまま繁殖し世界的な自然生態系の宝庫にもなってしまっている。
自然が失われていく、時代に逆らうようなDMZは未だ国家間での戦争状態が延々と続けられる、世界でも、まれにみる異常
な場所である。
首都seoulから北へわずか60q、車で1時間半の距離そんな所に南北で分断された接点に一度は立ってみたかった。