散策路から
「橙・青・黄」三色との遭遇
めげずに今日も歩け、歩け
修行僧の事始めは何が何でも歩きから。組み込まれたパターンメニュウから、日替わりで変わってゆく。
前回、当該HPで紹介されたのは山・川を駆けめぐる「朝の散歩」では多摩丘陵を背景にアップダウンのあるコースで
あった。
今回は市内を東西に貫き、多摩丘陵と並行しているJR中央線沿いの平坦なコースである。
(三色の色の拘り)
広大な敷地を抱える車両の駐屯基地である。その車両基地から線路挟んで北側は段丘地帯をとなっており、国内
でも名が通った有力企業がある。
その基地から始まり、企業に橙色・黄色・青色の三色にかなり拘りがあることを散見された。赤に近い橙色を赤に
すればたちまち「赤・青・黄」の信号標識になってしまうが、三色のそれぞれ持つ色の由縁も紹介したい。

(駅を挟んで南北の盛衰)
その都心への通勤・通学、周辺企業の通勤の豊田駅を挟んで南北の表情は極端に異なる。人の賑わいを見せる
北側とこれからの道づくりから始まる開発に人の姿も少ない南側と、併せて紹介したい。
概略コースは地図に示される。★印のスタート地点の文から、矢印に沿って線路の南側を西方向にの八王子方向へ
目指す。豊田電車区の縁で、踏み切りを跨ぎ、線路の北側に出る。企業の工場や研究所など隣接する場所を通り
再び進路を東方向に反転し、賑わう豊田駅前を通り、多摩平の崖淵の新緑地帯を通り、コースの終着を迎える。
トップヘ 次へ>>

③青色

①オレンジ車両

②黄色

タート

陸橋

旧東芝
クラブ

踏切

踏切

ファナック

富士電機

帝人
研究所

南口駅前

豊田駅

若宮神社

豊田電車区

三井不動産
物流拠点

一括見積り