ダイナミックな街 Seoul へ
昨年(2006)のほぼ同じ時期、韓国chejuに行き、その余韻が消えない内に今年は本土のseoulに向かった。
僅か4日間の旅であるが、旅行会社で組まれて居るツアーは世界遺産水原行きの僅か1日だけ、残りの3日間は総て自己責任
で行きたい所に廻る形で組んでしまった。
観光会社にすべて お任せで身を預けてしまうのも、面倒くさくなく、良いが、中々気に入ったコースが見つからず、多少のリスク
承知で、己の行きたい所を駆け回るのも、面白いと思った。
そんな事で直接現地観光業者に頼んだ、北と向き合う最前線の緊張の板門店や、チャングムでも見た韓国の歴史遺産を決めら
れたコースの水原の華城 とも併せ、地図を頼りに心細くもseoulの街中を徘徊し、その近代的な街並みと、混在した文化遺産を
たっぷり見る事も出来た。
そんな過密なスケジュールの中に韓国ハムの仲間李さんとseoulで出会い、懇親を深めるなど、大変欲張った旅でもあった。
□遠い成田
成田発9:30、大韓航空KE-706便
これに乗るには、時間を追うと、日暮里から京成スカイライナ6:30、
我が家の出発は4:30となり、フライトに搭乗するまでの
5時間余りが重くのしかかる。
朝の3:30に起き、未だ脳味噌が仮眠状態のまま、電車の乗り継ぎ
空港での面倒な手続きを済ませ、これから乗るKE-706便を前に
ホット一息を付けられる。
一区切り着いた所で、先行く旅に色々頭の中を駆けめぐりながら
カウンターでビールを一杯飲み、搭乗するまでの寸暇をくつろいだ。
□インテリジエンス化されたモニター
狭い機内ではあるが、乗車席単位にモニター1台づつ割り当てられ、専用のリモコン操作により、濃縮された情報が
見られ、専用のイヤーホーンから聞く事が出来る。
機内案内、映画、ニュース、飛行案内、音楽、ゲームなど狭い座席で押し込められ、窮屈で退屈な空間をモニター通じて
埋め合わせてくれる。
地図上に飛行機の現在位置をリアルタイムで表示するフライトナビゲータも優れ物で、搭乗機は仁川空港を飛び越え、遥か
海上から180°向きを変え、戻ってくる様子が手に取るように表示されていた。
□フライトは順調に
窓際からふらりと目を移すと、一面の雲海から遥か高い所に機から見下ろす形で拡がっているが、その雲を突き破り
雪被る富士山の頂上の姿がくっきりと見えてくる。
普段は地上から見上げる姿に馴染んで いるが、このように上から見下ろし 外輪の部分迄見られるのはやはり飛行機
の上空ならではの特別な世界であることを思い知らされる。
成田を定刻に出発し、富士の山を見届けながらも、機首は韓国仁川に目指して、順調に飛んでいるようである。
神がかり的な雲上人となった気分に浸りながら、富士山の姿を目で追っていたが、瞬く間に見えなくなってしまった。
□仁川国際空港到着
予定取り、仁川へ到着する。
入国管理カードを提出し、入国審査を通過し、ピリピリした多少の緊張感から開放される。
銀行窓口で換金、取り敢えずの不急の持ち合わせで20、000円を現地通貨150,000wonに換金する。
物価の高低判断は概略1won=0.13円で計算する。
晴れて到着ゲートを越え、先方の観光会社の待つ、ロビーに出る。
韓国には過去にseoulの郊外に位置する金甫空港しか利用したことがないが、始めての仁川国際空港に流石が
国際的なハブ空港を目指すだけあって、その規模は感覚的にも遥かに大きい。
トップへ 次へ>>
ファンデーション