永久の旅立ちに、見送る

日野の神明の高台から所々光が輝き、東側の空が徐々に赤みを帯びている世界を俯瞰
してみる。この光に輝き、生活が始まることがある、一方では光の影に、消え去っていく、
人間の営みが粛々と行われている。

真夏真っ盛り、真っ暗な闇の中、揺らぐ光の中で仏様を見送ることになってしまった。

一括見積り
トップへ  次へ>>