□真っ盛りバイパス工事
◇航空写真その1
バイパス工事中の航空写真で大変リアルにとらえられている。
写真の右手が バイパス路の国立側の接合点であり、その接合部分に川崎街道が直角に走る。
破線部分バイパス路の予定地で、その部分に遺跡調査中に覆われた、ブルーのグランドシートが
良く判る。
バイパス路の写真位置による上、下は耕作地で、きちんと整形された区割りと土の色が見える。
◇航空写真その2
神明台地の崖の部分の一帯に覆われ黒っぽく見えるのが樹木林である。
その樹木林の一部が切り崩され、バイパス橋が構築される。
破線部分がその位置に当たり、既にその部分が掘り起こされ緑色の地肌が見えてる。
写真の左手がバイパス路が接合する、多摩平側で写真からも既に完成している道が見える。
この樹木林沿いに僅かな耕作地と民家があり、その部分を農道で繋いでいる。
予定されるバイパス橋挟んで、上側は整地された住宅や建物群と一方、下側は樹木に覆われた
自然立地である事が良く判る。
トップへ 次へ>>
*航空写真について
google社から提供されているものである。
但し、リアルタイムに更新はされていない。
大部分は1〜3年位前のものと言われており、更新時期は非公開である。