□美瑛・富良野
2007道央の旅、第3日目
前日は旭川市内の居酒屋で北海道ならではの魚介類を食べ、日本酒を飲み胃袋を癒し、つれづれなる旅の
出会いを語りあった。さーて明日はどんな物語が始まるのか充分満足したお腹と心地よい酔いに包まれ眠り
についた。
当日は8:50にホテルを出発し、一路、美瑛から富良野へ目指す。
当地には1999年に訪れて以来で、前回は北海道で初めてハンドルを握り、見るもの総てに刺激的で興奮した旅
であった。既に8年振りで、殆ど記憶の中から飛んでいるが、美瑛のマイルドセブンの丘などその姿はそっくり残さ
懐かしく再びその姿を見ることができた。改めて何度見ても、あの風景画のような独特の姿はとても新鮮に目に映
った。
一方では美瑛と富良野の「北の国」のロケ地、更に幾寅駅の「鉄道員(ポッポ屋)」のロケ地など一時話題を呼んだTV
ドラマを懐かしく思い出しながら、たっぷりと見た。
秋の日は短く、国道38、274をひたすら走り、当日の宿泊先である、然別湖を目指すも、扇原展望台近くでは既に
薄暗くなっていた。
美瑛・富良野から然別湖迄の走行地図
枠内をクリックすると、詳細な地図と快適に爆走する車の足跡を辿った、ポイントの風景が見える。
トップヘ 次へ>>
株取引