□上士幌・帯広
2007 道央の旅、第4日目
前日、然別湖に到着、いよいよ最後の4日目になってしまった。
ホテルはこの然別湖湖畔にあり、部屋の窓から然別湖が一望出来、大変眺めの
良い場所である。
7;00朝1番出航の然別湖周遊船に乗り、眠りから覚めた湖上から映る炯眼を楽し
む。周回後、食事をしっかり取りホテルを出発し、糠平湖方面に向かう。
道幅も狭く、連続カーブが続く九十九折りに久しぶりに山岳ドライブを味わう。

糠平湖はてっちゃん、てつこさんを喜ばす士幌線の廃線跡に残されたコンクリート製
のアーチ橋がある。士幌線は国道273に併設されているが深い渓谷にあり、事前準
備もなかったので、その姿を見つけ出すのに骨が折れた。
それでも3箇所の著名な橋と鉄道資料館を執念で探し出し、本日の大きな目標の一
つは達成した。

次いで、国道273で進路を十勝側に目指し、ナイタイ牧場に寄る。
何処までが敷地なのか判らない程の巨大な牧場規模に驚き、しばし時が止まってし
まったようなゆったりした気分に浸る。
ナイタイ山の中腹に位置する高台の牧場から一気に市街地に降りる。

帯広競馬場で打ち下ろす笞に障害物で動かぬ馬の激しいばんえい競馬のレースを見
て、かみさんも思わず可哀相と顔を背ける。
競馬場から市場に寄り、最終地の帯広空港の近く、旧 JRの幸福駅に辿り着く。
そのときは日没寸前で夕焼けに沈む、真っ赤な空を背景に幸福駅のホームでこの旅
の終着を迎える事が出来た。
自然探索に始まり、廃線跡巡り、牧場巡り、競馬観戦、止めは再び廃線駅幸福で締
めるなど、盛り沢山なメニュウを一気に駆け回った、最後の日であった。

<最後のアクシデント>
道中は備え付けのカーナビにお任せし、その鮮やかな誘導振りに信頼しきっていた
が、最後の最後で車を返す、オリックスレンターカーに電話番号で設定したが、誘導
先は帯広空港から遥か離れた畠の中であった。
空港から離れて行く怪しき誘導に途中で気づいたが、まあ全幅の信頼を寄せていた
だけにそのまま走り続け、結局裏切られた。 明かりが全然ない真っ暗闇で少々うろ
たえたが、フライトにかなり余裕があったので、何とか帰着出来たが、予想も付かな
いアクシデントに振り回された。
陥れた恨みを晴らそうにも相手がCDだけに、その矛先を向けられず、こんなこともあ
るんだよと言う、警鐘かも知れない。
トップヘ 次へ>>
株取引