2009道東の旅
毎年恒例の北海道旅 、さてサブタイトルに、来北回数を上げても、自己満足の世界、余り意味無いと2009年としてみた。
恒例の道東巡りは去年に引き続き累積4回目を数えてしまったのはそれだけ、招く魅力があるからだろう。
女満別から始まり、釧路で終わる、道東の旅、過去に既に踏破し、重複する観光地もあるが、道東だけでも奥深く広がりを
持つ地域だけに、今回新規の場所を含め、山と湖の旅でもあった。
概略の行程は第1日目は女満別、網走、知床(ウトロ)、第2日目、ウトロ、美幌峠、阿寒湖、 第3日目阿寒湖、釧路市内の
太平洋炭鉱、啄木資料館、第4日目、釧路市内の鳥取神社、釧路湿原で全走行距離550qを走った。
昨年は13号台風で影響を被ったが皮肉な事に今年も18号台風に巻き込まれた。台風は本土を襲い、東北で太平洋側に
抜けたが、エネルギーは衰えも見せず同当地方も8日の夕方から翌日にかけて横殴りの雨は行く手を阻み、屋内資料館で
時間を潰す羽目に陥ってしまった。旅行前日までは概ね安定した天候続きに、何とも恨めしい台風はやっかみ半分で邪魔を
したのかと、思えるぐらいに折角の旅の腰を折った。まあ、それでも、釧路空港でローカル便で欠航が出る中、釧路で予定外の
延泊の無駄使いもなく、予定通り帰れたのはせめての救いであった。
「キンコ〜ン」の警告音と共にベルト着用のランプが付き出した。羽田から満席の便はいよいよ女満別空港に着陸体制に入る。
丁度窓際であったので霞かかった下界にみるみる拡がる大きな「屈斜路湖」と真ん中に浮かぶ「中島」がくっきり見え、周囲を
取りまく緑が、高度を下げるに従ってはっきり見えてくる。やがて「ヅヅ〜ヅン」という衝撃音と急制動をかける噴射音で何とか
地上に降り立ち、正に今回も何事もなく地上の人に成り得た。不気味な瞬間は乗務員も乗客も、この音と体にかかる慣性が自
然と身構え、固まる瞬間は、自然の慣性力を逆らうようで余り気分の良くない瞬間である。
◇無事に女満別空港に降り立ち
◇ピ〜ンと冷気が伝わる
満室で押し込められた機内から、飛行場の広々とした空間に一気に弾けるように地上の人となる。空は秋を伝える
ような雲、屋外は10数℃、羽田の空気より、やはり寒いが、殆ど無風の状態に我1人、同行者の心配をよそに半袖で
過ごす。あれほど居た乗客もそれぞれ、車に吸収され、ご覧の通り、客の姿も見えないローカル空港特有の姿になっ
てしまった。歩き始めて始めて感じる空気に改めて縦に長い、列島の温度差を感じる。
◇日産ウイングロードが足となる
早速、日産レンタカーへ、ご覧のようなコンパクトワゴン「日産ウイングロード」が待ち受け、配車された。配車デビュウーは8月、
累積走行距離は未だ5000q、テカテカの新車にヘボ運転で傷を付けなければと思うほど輝いていた。サイドブレーキは足で踏
み込むフットブレーキ。普段乗りこなしているものと違うため、操作感覚に不慣れで初めて出会った時は戸惑いもあったが、お蔭
様で度重なる北海道旅行で体験済み、「もう、うろたえることはないぞ〜」と経験は力になった。
走り出しは、やはり軽いハンドルなど慣れるまで、手足から伝わる運転感覚を掴むまでは不安と戸惑いの中で緊張する。
トップへ 次へ>>
ファンデーション