道央の旅第3日目は積丹の海岸線から内陸に入り、ニセコで宿泊する。目の前の大きな羊蹄山を前に朝を迎え、羊蹄山に見送
られながら南下し洞爺湖に向かうが、何処までも羊蹄山が視野に入り、付いてまわるようである。当日はそのニセコから洞爺湖
までの僅かな距離であり、車の利用は限定されていた。そんなことから、ニセコの山頂歩きと、現代でも未だ火山のエネルギー
を蓄える生きた火山地帯巡りと、自然と直に触れ合う、歩き主体の一日であった。
第3日目洞爺湖湖畔で宿泊し、花火や観光船光跡を追う、夜のショーを見ながら洞爺湖の世界を満喫する。
最終日の第4日目は生憎の霧がかかり、支笏湖など通ったが、視界不良で炯眼は楽しめなかった。最終的に出発地点の新千
歳空港に到着するが、この霧が飛行機の運行にも及ぼしてしまい、旅の最後は霧に祟られた。
◇ニセコ・ヒラフ
ニセコスキー場はニセコアンヌプリ1308mの広大な斜面を利用した大規模なスキー場である。下界の市街地に近い部分から
山頂目指し、多数のゴンドラが走り、それぞれのゲレンデに繋がり、一気にダイナミック滑りの世界に運んでくれる。
絵図の左下の黄色の現在位置を示されているが、当日、宿泊した「ニセコアルペン」は直ぐ近くにある。ホテルの目の前は
ニセコアンヌプリのゲレンデであり、正にスキーに没頭できる、環境に恵まれた国内有数のスキーである。
トップヘ 次へ>>
道央の旅
ニセコ・洞爺湖編
2011 夏
一括見積り