小さな発見
日野市内には恐らく代々住んで居た旧家があちこちに見受けらる。
その代表的な建物として広大な敷地に住居とは別の一角に立派な蔵が立ってあった。
旧来の建築を引き継ぎ、その家の豊かさを物語る、一つのステータスのような存在に
今では余り見ることも出来ない特別な建物として目に映る。
伝来の家の大事な宝物を入れるのであろうか、火災や地震など天災にも耐えられる
強固な作りがいかにもどっしりと構えてあった。
壁には光輝く家紋が何処かで見た様なデザインが目に入った。
そっと近づき、"丸におもだか"の家紋であることを確認、まんじりと
その姿に見入ってしまった。
黒地に銀メタリックが白壁に鮮やかに輝き、あの特徴ある花柄模様の
思わぬ発見に懐かしく、わくわくしてしまった。
トップへ 次へ>>
おもだか紋を求めて
□土蔵の壁に
そろそろ俺もゴールドカード