某交通社の観光旅行の企画で「奥能登 感動の旅3日間」に参加した。
東京から上田まで長野新幹線、バスやローカル線を乗り継ぎ能登を周回し、再び往路と同じルートで東京へ戻ってくる
コースである。在職時代も高岡へ一度来たが巡り合わせが少なく、拝にとっては日本海側は初めての地であった。想
像で描いたイメージからどんな展開が生れるのか、わくわくさせられる旅でもあった。
第一日目は、高岡市内の名跡瑞龍寺を見学する。高岡からローカル線の「氷見線」で富山湾沿いを走り、氷見迄行き、
再びバスに乗り換え、今夜の宿泊地羽咋(はくい)に向かった。
バスから敢えて鉄道に乗り換え、湾岸走るローカル鉄道ならではの趣を確かめる多種のツアーコースであった。
本土を横断するルートとしてかっては難路と言われた碓井峠を一っ飛び、東京駅から上田駅まで長野新幹線に初めて乗った。
車両の先端部は長く伸びた鴨のくちばしは、高速化にしのぎを削り、車体構造も航空機の世界に入った最先端を走る乗り物に
気持ちも高ぶる。
こうした高速化の努力により、旧信越本線の特急が、上野から上田まで、2時間27分であったが、長野新幹線では東京から
上田まで1時間30分で結び、首都圏から気軽な旅を実現している。
都心から上田まであっと言う間に着いてしまったが、因みに、旧南多摩郡の我が家から東京駅までと同時間である。
◇快適な車内空間
初めて乗る、新幹線グリーン車両。座席は中央の通路挟んで横2列、縦方向にも広い空間を持ち、元より短い足では思い切り
伸ばせる。
究極の座り心地を求め、背もたれを起こしたり、寝かしたり、繰り返す操作は、新しい物に出会い、はしゃぎ廻る子供のよう
・・・「馬鹿だね〜」
恒例の飛行機旅では狭い所に押し込まれ、折り重なるように乗せられ、窮屈な我慢の世界に慣らされたが、この広い空間と
高な座り心地は、輩のような貧乏人には全く無縁の特権階級世界であった。
冥土のみやげ、此れが、最初で最後のグリーン車の旅だろう
◇時代の先端を走る鉄道
◇瀟洒な表玄関
コースの起点となる東京駅は八重洲口側に集まる。近代的なビルにガラス張りの斜めの壁。高い天井部は思考をこらした
モダンなデザインは空港の駅を思わす様な姿に驚くばかり。
日本の表玄関口にあたるに相応しい姿で出迎えてくれた。
トップへ 次へ>>
奥能登の旅
第1日目
一括見積り