早春の伊豆半島ドライブ
トップヘ 次へ>>
一括見積り

<東伊豆の一角にある会社の保養所は「ソレイユ伊豆」で、近くに大室山や城ヶ崎海岸などを控え、大人も子供も
楽しめる場所である>、

家族はそれぞれ、離ればなれになってしまい、仕事や学業にそれぞれ生活があり、一同に集まることが難しくなった。
孫たちの目ざましい発育振りを見たいと思いつつ、来るを拒まずであるが、中々叶わず疎遠になってしまった。
学校にしても、遊びにしても、毎日の生活の中で、身近な付き合いが大切で、年々距離以上に遠のいてしまった。
「ダメダメこのままでは益々疎遠になっちまうぞ」と、一念発起し、一緒に旅など出来れば叶うかなと、会社の保養所
を利用した旅作りが一番かなと思った。
生来の面倒くさがりや、しかも脳が固化したじじいに、闇の中の手続きは果たして出来るのかと危惧した。一念発
起してパソコンに向き合い、窓口に辿り着き、ガイドに沿って手続きを進める。疎遠になってしまったが、会社側の
データベース上に輩のデータが残っており本人確認が出来、ネットを通じて予約の手続きが以外とすんなりと出来
てしまった。
◇一同会する旅作り
肝心の遠出は、かっての車運転の意欲も多少萎えた感じもするが、昨今の高齢者ドライバー事故が相次ぎ、悲惨
な結果がマスコミ報道で賑わす結果を招いている。
本人はさほど思っていないが、じじいの運転に危惧し、ドライバー放棄の空気が漂っている中で、ハンドルを握るこ
とは出来なかった。
結局、横浜までの限定運転で、そこから先は若い層による運転代行で、じじいはひたすら助手席で窓外からの風情
を追う身分に収監され、隅っこで固まっていた。流石、手錠までかけられなかったが、編み目のついた護送車に、左
右に監視され、手足は出せず、連行される身分になってしまった。

そんな背景の中、既に生産中止となった、じいさん車プリメーラはもっぱら近場を走る買い物車から、今回は相模湾
を横目に伊豆までの爆走車に変身し、老骨を鞭打、走りきった。
その紀行を書いてみた。
◇運転強制放棄
3家族一緒に安く宿泊出来ればと模索していたが、OBとして利用できる会社の保養所が一番であった。
しかし、誰しも考えることは一緒、隆盛を誇る往時は各地に多数あった施設は鎌倉と伊豆位しかなくなってしまった。
その保養所の一つで、比較的近く、背後に観光地を控える鎌倉が上げられたが、抽選で外れ望を絶たれた。
シーズン時期、週末狙いは相当の倍率のようで、そう簡単には取れそうも無かった。安易な保養所狙いも最早これ
までと思って居たが、微かな望を伊豆にかけた。何処も同じと思っていたが、伊豆は幸運にも空きがあり、直ぐに其
処に飛びつき、予約がなんとか出来た。